応援メッセージ 裵重度様から

 社会福祉法人青丘社 理事長
 在日大韓基督教会川崎教会 名誉長老   裵重度

 助け合わねば生きていけなかったコリアン集住地域にあって、時代の流れにより、コミュニティが弱体化していきました。コミュニティーの力が弱まると一番困るのが、高齢者の暮らしと子育ての課題です。青丘社は、そうした社会に対応すべく活動のすそ野を広げてきました。保育園の開設からふれあい館の建設、さらに在日高齢者、障がい者の生活支援と居場所づくりに広がりを得て、保育、教育、児童福祉、高齢者福祉、障がい児・者福祉、多文化共生の課題取り組みなどを推進する共生の街づくりに確かな手ごたえを感じています。商店街を舞台に、障がいのある青年たちのカフェや弁当工房、パン工房で働く姿が街を元気にし、在日高齢者の居場所が、商店街の賑わいを作り出す原動力になっています。
 今、私たちは、今一度新しい活動のステップアップを求められています。商店街とつながり、分断や亀裂のはびこる地域社会の劣化を食い止め、その接着剤の役割を果たして、人と人とがつながりあうための「高齢者、障がい者活動センター」の拠点をつくり、地域福祉に働く者たちがその歩みを支える新しい活動拠点 仮称「みんなの家」を建設します。『地域を創る』今回のプロジェクトの推進に、一人でも多くの仲間のみなさんの参加をいただき、地域が人をつなげ、課題を共有することができますよう心より呼びかけます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする