応援メッセージ 関田寛雄様から


 青山学院大学名誉教授 
 日本基督教団神奈川教区巡回牧師    関田寛雄

 川崎南部、在日コリアン集住地域の桜本を中心に、差別のない地域社会を目指した小さな地域活動が始められて50年。大韓基督教会の祈りから始まりました。日本キリスト教団桜本教会に赴任した私は、活動の当初から今日に至るまで、その歩みに参加する機会を保ち続けることができたことを大変にうれしく思います。
  教会の会堂を開放して開かれた保育所事業を皮切りに、社会福祉法人の設立、行政とのパートナーシップを結ぶふれあい館の建設、在日一世の高齢化と、障がいのある子どもたちの成長に対応した高齢者、障がい者の事業開始など、地域の人々と共に、活動の駒を進め、すそ野を広げてきました。
 そうした活動を土台に、宗教法人と社会福祉法人が互いに手を取り合って、新しい地域活動の拠点を建設します。高齢者、障がい者が活動の担い手となり、地域社会の分断をつなぎなおす新しい創造的な活動拠点です。
 人の願いや祈りに支えられ、困難を抱えた人こそがつながりを求めて活動し、それを支える、そんな歩みにあなたの想いも重ね合わせてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする