高齢者・障がい者社会参加事業
 2  2019
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

高齢者交流事業・相談事業
 ・トラヂの会
 ・ウリマダン
生活サポートネットワーク
 ・ほっとライン

障がい者就労支援事業
 ・スペースほっと&
       ほっとカフェ
 ・お弁当工房
 ・パン工房 andante
 ・ほっとスペース マナ

交通アクセス

=
青丘社では、「共に生きる地域」の街づくり活動を推進する活動の担い手として、障 がいのある人たちや、差別と戦争の時代を生きぬいてきた在日高齢者の人たちが活躍 しています。街に暮らし、一定の生活支援を必要とする障がい者、高齢者が、人との 関わりの中で、豊かで優しさをもって生きることの意味と実像を、日々の活動を通じ て変わることなく示し続けてくれることで、私たちの地域コミュニティが得るかけが えのない財産を築いていっていただけています。地域活動支援センター「マナ」の役 割として、障がいのある人たちの力を借りて、新たに、高齢者、障がい者の豊かな社 会参加活動の 一端を発信する活動の強化を図り、共に泣き、笑い、時には怒りをも共有する青丘社 の仲間としてのつながりを強化できたらと考えています。



★金聖雄監督の話と『獄友』川崎南部上映会
ほっとスペースマナ No:244 _2019-02-09
日時:2019年3月2日(土)
場所:在日大韓基督教会 川崎教会
「学べる地域」さくらもとイベント案内

孤立と貧困が人々を不安に落とし込め、不安感を背景に、人と人の亀裂と分断が進行しています。「共生の街」さくらもとで、厳しい時代を額に汗して働く人の生活史、差別と戦争の時代をどっこい生きた自分史の文化遺産が満ち溢れるわが街で、人と人とがつながれる、そんな「学べる地域」のイベントを開催しています。

まだまだ、私たちが、私たちこそ、知らねばならない事柄を、ゆるやかに学び続けます。

第2回金聖雄監督の話と「獄友」川崎南部上映会

金聖雄監督は、川崎のハルモニ(おばあちゃん)を追いかけた「花はんめ」を撮った監督で、桜本が故郷です。彼の映画は常にありのままの人を追い、差別や壁の不当性を際立たせてくれる表現で、人の共感を広げています。今回、えん罪事件を追った集大成である「獄友」の上映に彼を呼ぶことができることをうれしく思います。



2019年3月2日(土) 
午後2時~ 金聖雄監督の話
午後3時~ 獄友 映画上映 5時終了

場所 在日大韓基督教会川崎教会 (桜本1-8-22) 

参加費 1000円

会場へ直接お越しください。(予約、申し込みは不要です)

お問い合わせ 080-4656-6014  miura@seikyu-sha.com
 
★絶賛販売中!!!
ほっとスペースマナ No:243 _2019-01-24
場所:ほっとスペースマナ
 
ほっとスペースマナ No:242 _2019-01-16
わたしもじだいのいちぶです 川崎桜本・ハルモニたちがつづった生活史
康 潤伊(著, 編集)鈴木 宏子(著, 編集)丹野 清人(著, 編集)
¥2160(単行本)全国書店にて発売
 
_

Copyright www.seikyu-sha.com All Rights Reserved