2017 年 12 月
« 1 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

つぶやきブログ

 

パン工房 「Andante」 張りきってやっています

かわいらしいテントがつけられました

かわいらしいテントがつけられました

皆様ご無沙汰しております。ほっとカフェテリアパン工房です。長らくの間ブログに顔を出さずに申し訳ありませんでした。

冷たい空気に漂う花粉の気配、、、ではなくて、春の気配~♪

ほっとカフェテリアパン工房では、この冬も毎日パンを焼いてきました。

クリスマスにはケーキやクッキーも焼いてみたり・・・

利用者の数も増加し、年明け2月にはついに6人目の利用者を迎えましたし、

最近は喫茶店のランチメニューも人気が出てきました。

なんでもっと早く教えなかったのかって?

ほっとライン事務所にブログ更新方法を描いた紙を置きっぱなしのまま、取りに行きたいな~と思いながらこの時期になってしまったんです。

裏を返せば、ようやくそんな余裕も出てきたような、、、。

アロス コン ポジョ arroz con pollo

アロス コン ポジョ arroz con pollo

さて、今日はパン屋店舗前にかわいらしいテントが付いたことと、もうひとつ、

金曜日に不定期で提供されている「ペルーランチ」のご紹介をします。

テントには「Andante」という文字。「あんだんて」と読みます。「ゆっくり」を意味するクラシック音楽で使われる言葉です。

とかく、お仕事の分野では「早く」「正確」であることが求められることが多いですね。ですが、パン工房のおいしいパンは、いつもゆっくり発酵させます。どんなに急いでもせかしても、イースト菌の仕事には時間がかかるので、「待つ」ことが製パンの仕事には欠かせません。イースト菌が働きやすい最良の環境を用意して待つのです。そんな仕事をしていると、私たち、ここで働くスタッフや利用者も、ゆっくりとした時間の流れの中でお互いに成長し、育っていくことができるのではないかな~。なぁ~んてね。

もうひとつ、アンダンテは安暖(談)亭とか、あんだって~とか、漢字を当ててみたり口に出すと面白い響きも持っている気がします。めちゃくちゃなことを言っていると思われるかもしれませんが、ええ、そうです。そうやって、親しみをこめて呼んでもらえるといいな~。なぁ~んてね。

どうぞ、末永くお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

さて、ペルーランチです。

料理が好きな方がボランティアで、毎週金曜日にカフェテリアへ来て、作ってくださっています。

一人前500円で、食事にはスープとコーヒーが付きます。

これまでのメニューは・・・

・鶏肉とバジルの炊き込みご飯(アロス コン ポジョ)

・ゆでて味付けした鶏ささみ肉をつぶしたジャガイモで包んだもの (カウサ レイェナ)

・炒めて味付けした豚ひき肉とゆで卵とオリーブをつぶしたジャガイモで包んで揚げたもの(パパ レイェナ)

・炒めて味付けした牛肉と玉ねぎ(ロモ サルタード)

・焼いて味付けした鶏肉(アドボ デ ポジョ)

(メインメニューをご紹介)

毎回12時を目指して作ってもらうのですが、時には13時をまわってしまうことも・・・

そんな時は夕方向けにお弁当箱に詰めて販売しています。そういうわけですが、どうぞ、ご利用ください。

e382b3e38394e383bc-efbd9e-perulunch-003

causa rellena  カウサ レイェナ

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、ほっとカフェテリア パン工房でした。(みん)

コメントは受け付けていません。