9月17日に九州に上陸した台風18号はその後、四国、本州、北海道と上陸し、統計開始以来、4島全てに上陸した初めての台風と言われました。  しかし、気象庁のその後の詳しい解析の結果、台風は日本海に抜けた9月18日未明に新潟県沖で温帯低気圧に変わったと、11月7日に発表されました。北海道上陸時は温帯低気圧だったことになり、4島上陸は幻となりました。
宇宙飛行士の約8割は、打ち上げ直後に気分が悪くなる「宇宙酔い」を経験するとされる。また、ISSに長期滞在した宇宙飛行士の中には、ものが見えにくくなるなど視覚異常を訴える例が少なくない。研究チームは「脳の変形が一時的なものかどうかや、視覚異常との関係などを見極めるために継続した調査が必要だ」としている。
日産自動車は8日、資格のない従業員に完成車両の検査を行わせていた問題の影響などで、2018年3月期連結決算の業績予想を下方修正すると発表した。  本業のもうけを示す営業利益を、当初の見込みより400億円少ない6450億円に引き下げた。売上高は11兆8000億円、最終利益は5350億円と、いずれも予想を据え置いた。
確かに通勤時間が運動時間になれば、忙しいビジネスパーソンでも運動を習慣づけることができます。さらに満員電車の緩和や、予防医療として広く浸透すれば、医療費削減も期待できるかもしれません
大企業製造業の業況判断指数は株価指数とも連動性が高く、ここにきての日経平均の上昇の背景には当然ながら、この企業業績の改善も影響していよう。
電気自動車を作る技術を持っているが、電池を安価に大量生産する工場無く電気自動車の価格も高価。加えて電池の進化は日進月歩。中国で本格的な電池の生産が始まれば、技術もコストダウンも大幅に進む
東電は2013年9月に6、7号機の審査を申請した。規制委は東電が重大事故を起こした当事者であることを重視。審査終盤、通常の技術的審査の前提として、原子力事業者の適格性を見極める異例の対応を取った。
日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人が、市民としてこどもからお年寄りまで相互にふえあいをすすめることを目的としています。ふれあいはお互いの歴史・文化等を理解することから始まります。基本的人権尊重の精神に基づき、差別をなくし、共に生きる地域社会を創造していくため、こども文化センターと、ふれあい館を統合施設として川崎市が設置しました。そして、この地域でさまざまな事業をすすめてきた社会福祉法人「青丘社」が、市より受託して運営しています。(ふれあい館条例より)

--青丘社ふれあい館-- Copyright http://www.seikyu-sha.com/ All Rights Reserved Web Services by Yahoo! JAPAN